ミセスチキンハートの子連れ旅行ブログ

ビビりなママの子連れ旅行ブログ

【ハワイ】JALのサービス・搭乗前にしておくことー初めての子連れ海外旅行ー

2018年12月~1月に1歳8ヶ月の子供とハワイに行ってきました。

 

子供ができる前に3度訪れている場所ですが、子連れで行くのは初めてでした。

 

f:id:gachapinaopin:20190802230953j:image

 

この記事で、

「子連れでハワイに行くのに航空会社をどこにしようか迷っている」

JALで行くことになったけど、サービスはどうなの?」

という方の疑問を解決する手助けができればと思います。

 

出発までにしておくことーJALで行く子連れハワイ旅行ー

予約時にしておくこと

  • バシネット(赤ちゃん用ベッド)
  • おむつ
  • ベビーミール

を予約しておくことが大切です。

 

航空券予約時にリクエストしておきましょう。

 

旅行会社のパッケージツアーで予約をした場合、旅行会社に確認してみましょう。

 

バシネット(赤ちゃん用ベッド)は、2歳未満体重10.5kg以下の子供が利用可能です。

予約時当日の機内子供の体重を聞かれるので、事前に計っておきましょう。

 

直接JALにリクエストする場合、こちらから予約できます。

www.jal.co.jp

 

今回の旅は、JTBで申し込んだので、JTBを通じてバシネット、おむつ、ベビーミールを予約しました。

 

バシネットに関しては、「確約はできないですが…」とのことでした。

 

航空便が決まったらしておくこと

webチェックインをしておきましょう。

預け入れ荷物がある場合、webチェックインをしていてもカウンターに並ぶ必要がありますが、事前に希望の席を予約しておけるというメリットがあります。

 

チケットのランクによってはwebチェックインができないこともあります。

 

 

私もwebチェックイン不可のチケットだったのですが、幼児連れのためか、私だけは事前にwebチェックインができました。

 

旅行会社からは「確約はできない」と言われていたバシネット席を確保することができました

 

ただ、家族が隣になるかどうかは空港に行くまでわかりませんでした。

一か八かの選択でした。

しかし、空港のチェックインカウンターで同行者も並び席にしてもらえました。

 

搭乗後、CAさんがベビーミールの確認、バシネット設置のタイミングを聞きにきて下さいました。

 

JALハワイ便の子供むけ機内食

深夜便だったため、行きのベビーミールは食べなかったので断りました。

そのため、写真がありません。

 

ベビーミールに加え、

が入ったバッグをいただきました!

 

ハワイへの動植物の持ち込みは禁止なので、バナナは入国前に食べきってほしいとのことでした。

 

こちらは、帰りのベビーミールです。

f:id:gachapinaopin:20190802174956j:image

 

  • トマトスパゲティ
  • ピラフ
  • 白身魚のフライ
  • シリアル
  • パン(弾力があるので好き嫌いが分かれるかも)
  • ゼリー
  • バナナ
こちらは、一例です。
好き嫌いが多い子は、持ち込みをしておいた方が安心ですね。
 
また、JALではアレルギーのあるお子様に対応したお食事もあります。
7品目対応食とと27品目対応食が選べます。

www.jal.co.jp

こちらも事前に予約が必要なので、早めに確認しておきましょう。

 

バシネット

バシネットは1歳8ヶ月の娘には少々窮屈そうでした。
ベルトは胸のあたりをジッパーで締めるタイプのものでした。
 
あくまで補助的なものなので、
「乱気流を抜けるときなど、ベルト着用サインが点灯したらバシネットからおろして抱き抱えてほしい」とのことでした
 
狭いので、寝返りがうてなくて何度か泣いていました。
 
起きてる時には荷物おきにもできたので、バシネットをリクエストしておいて良かった思いました!
 
離着陸時は使用できないのと、CAさんにつけてもらわないといけないので、けたりはずしたりできないところが難点です。
 
片付ける時は、「着陸態勢に入る前に片付けるので支度してくださいね」と30分くらい前にCAさんがお知らせに来てくださいました。
 
 

オムツ

Lサイズのパンツタイプをメールでリクエストしました。
 
メリーズのLパンツを2枚いただきました。
 
トイトレはまだだったので、これだけでは心許ないし、おしりふきもいるから結局持ち込むことには変わりませんでしたが、足りなくなりそうだったのでありがたかったです。